日本木造住宅産業協会

(一社)日本木造住宅産業協会(略称/木住協)は、木造軸組工法住宅等の普及と健全な発展に寄与することを目的とした法人です。

お問い合せ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

協会のご案内

各事業活動内容

事業活動

一般社団法人日本木造住宅産業協会は、国民の住生活の向上と木造軸組工法による住宅及び建築物の
普及・発展を目的とし、良質な木造住宅等や住宅資材・設備等を生産・供給する法人並びに木造住宅等の
設計を行う個人または法人を、多岐にわたる活動でバックアップいたします。

  • 1時間耐火構造の認定取得
  • 省令準耐火構造の認定取得
  • 木優住宅(住宅瑕疵担保責任保険)
  • 団体型工事総合保険
  • 木住協リフォーム支援制度
  • 木造ハウジングコーディネーター
  • 小学生対象の作文コンクール
  • 住宅のトレンド情報を提供
  • 各種講習会・セミナーの開催
  • 耐震診断プログラムを提供
  • 面材耐力壁大臣認定の取得
ページのトップに戻る

委員会について

技術開発委員会

木造軸組工法住宅に関する技術開発

地球環境から見ても優等生の木造軸組工法を、さらに合理的・科学的に分析し、総合技術向上の為の研究開発を行っています。建築基準法等の法令改正や関連新法に対応した技術解説書作成や講習会、住宅性能表示制度や長期優良住宅認定制度の普及促進などの会員支援事業、また木造軸組工法の適正評価とその維持を狙って関連団体等の技術的な外部委員会への参加なども行っています。

省令準耐火構造承認・木造1時間耐火構造大臣認定等の取得及び活用による防耐火性能向上、面材耐力壁大臣認定取得・耐震診断や耐震補強・リフォームやメンテも含めての長寿命木造、省エネ法対応、等々をテーマとして木造軸組工法の対応力や魅力増加、さらなる進化を目指しています。

木造耐火構造を使って、これまで非木造の範疇の用途や大規模の建築物にも、木造軸組を広める活動も進めています。

生産技術委員会

住宅生産に関するすべての活動をサポート(新築からリフォームまで)

生産技術の向上を目的とする安全・品質・工期・コスト・環境面に関する調査研究と改善・普及活動を行っています。特に少子高齢化、地球環境・エネルギー問題を踏まえ、良質な住宅ストックの形成、既存住宅の流通促進等に向け、『木住協リフォーム支援制度』を立ち上げ、技術研修を通して「木住協リフォーム診断員」を育成し、会員企業のリフォームに関する質の向上と事業拡大の支援を行っています。 また、リフォーム、生産管理、安全衛生・CS、建設副産物それぞれの分野において、技術向上や法改正への対応等を目的として、出版物等の作成・配布やセミナー・講習会を開催すると同時に、支部・他団体・外部委員会にも積極的に参加し、最新情報の提供を行っています。

資材・流通委員会

最新の設備・技術情報やニュートレンドの発信。

優良な木造住宅の供給促進を図るべく、住宅会社と建材・設備メーカーが協力して良質な住宅資材の提案・普及、新しい設備・建材の動向、流通システムの合理化等に関しての調査・研究を行っています。これらに関するセミナーや見学会を随時開催して住宅資材や最新技術の調査、提供をすると共に、当協会のホームページに「住まいのトレンド商品カタログセレクト・ザ・ベスト」を掲載して商品情報を一般に公開しています。

業務・広報委員会

協会活動を知っていただくための積極的な広報活動。

住宅業界を取り巻く様々な動きや協会活動等、最新情報を機関誌「木芽」・ホームページ・メールマガジンの 3つの媒体を積極活用し、タイムリーに提供しています。

木造軸組工法住宅の普及・啓発のため、住宅専門紙等で広報活動を行っています。

環境教育の一環として、小学生を対象とした「木の家・こんな家に住みたい」作文コンクールを毎年開催し、木造住宅の普及・啓発に成果を上げています。

会員会社の環境行動に対する調査の実施等、環境活動の推進を行っています。

会員会社の着工統計調査と分析を行ない、会員各社の事業活動に役立てていただいています。

協会発行書籍・ビデオの購買を行っています。

企画政策委員会

事業委員会間の調整や新規事業推進の企画・立案等。

運営委員会から依頼された事項の検討・調整・審議、各事業委員会間の企画・調整および新規事業推進のための企画・立案・調整を行っています。

研修

人材育成を支援。

会員の人事育成を支援するために、木造ハウジングコーディネーター(以下木造HC)認定制度をはじめとして、社員のスキルアップを目的とした講習会を開催しています。主旨は少しでも優良な木造軸組工法住宅を造りだしていただき、木造住宅のファンを少しでも増やすことです。研修部としては、木造HC資格制度の運営や資格取得後のアフターケアとしての専用サイトの運営、住宅税制の改正に伴う税制基礎・改正セミナー、木造軸組工法の省令準耐火を促進するための講習会、木造軸組工法の基礎知識講習会、設計塾、住宅関連にかかわる従事者のためのマナーセミナー、営業セミナー、各種技術セミナー及び会員の要請に応える出張セミナーなど各種講習会を用意しております。また、住宅関連業界を取巻く環境変化のスピードに伴う対応セミナーなど、必要に応じて実施しております。

事業推進

住宅瑕疵担保責任保険の団体取り扱い。

住宅瑕疵担保責任保険法人の5社と団体提携し、「木優住宅」の愛称のもと、住宅瑕疵担保履行法に対応した住宅瑕疵担保責任保険を、団体割引にて取り扱っています。事業推進では、各保険法人との個々の保険に発生した問題等の調整、及び利用している保険についての会員会社からの意見に基づき各保険法人に対する改善案の提言等を行っています。さらに、検査料の削減を実施するために必要な自主検査員(第1回基礎配筋検査)を養成する「木造住宅検査員講習会」及び瑕疵保証事故抑制のためのセミナーを実施しています。住宅瑕疵担保責任保険の保険料が割引となることから、利用している会員会社からも好評です。

木住協の工事総合保険。

木住協工事総合保険は、木住協と三井住友海上が木住協の会員向けに設計した「工事対象物の損害(建設工事保険、組立保険、土木工事保険)」と「第三者への賠償損害(請負賠償責任保険、生産物賠償責任保険)」を、総合的に補償する商品となっており、団体のスケールメリットにより保険料も割安となっております。

支部活動

全国6支部が地域会員を支援。

気候、風土など地域特性に対応した木造軸組工法住宅の研究開発とユーザーへの周知は日本の新しい住まいづくりに不可欠の課題です。支部会員間の活発な交流や関係諸官庁との対応、研修会、見学会の実施等、地域の実情に即したスムーズな組織運営で、会員の発展をサポートしています。

ページのトップに戻る