日本木造住宅産業協会

(一社)日本木造住宅産業協会(略称/木住協)は、木造軸組工法住宅等の普及と健全な発展に寄与することを目的とした法人です。

お問い合せ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

住まいの情報

木の家は、人や地球環境にやさしい家です!

さわり心地のよさ

木はからぽのパイプのような細胞の集まり その細胞のなかには空気が入っていてこのことが木の良さにつながります。

衝撃をやわらげる

表面に水滴がつきにくい 木材は水分をすいとるので表面に水滴ができにくいつくりです。そのためカビがはえにくく、部材がくさりにくいのです。

目にやさしい 木材からはねかえる光りは紫外線を少なくし、目にあたえる刺激を小さくします。

音をまろやかにする

健康にいい木の香り

湿度をコントール 湿度が高くなると木材は湿気をすいとり、湿度が低くなると湿気を外に出します。

日本人は昔から美しい木の家をつくってきました。

大昔からつかわれてきた木材 木材は軽くて強く、加工しやすく手に入りやすかったので、さまざまなモノにつかわれてきました。

日本の気候にぴったりの木の家 夏の高温と高い湿度をのりきるためには風の通り抜ける建て方がピッタリ。日本の木の家は、呼吸する家です。

今でも木の家に住みたい人が大勢います

木材は地球にやさしい材料です。

木材はあまりエネルギーをつかわない 他の建築の材料に比べて、木材は材料となるまでにでる炭素の量が低く、環境にやさしい建築材料。

木材はくりかえしつかえたり、カタチをかえてつかえる 壊した家の木材はこまかくくだいて木質ボードに変身!

木の家は街のなかの森

地球の温暖化について

地球の温暖化 人間の活動がさかになるにつれ温室効果ガスが大量に出され地球全体の気温が上がりはじめています。

地球の気温が上がったら 雨のふる量や、地域がかわったり氷河が溶けて海面水位が上がったり生態系が大きく変わってしまうかもしれません。

地球の気温を上げないために 地球全体の問題なので、世界中の国々が協力しあって地球の気温を上げないために「京都議定書」というきまりがつくられました。

地球の温暖化をふせぐ森と木材。

温室効果ガスをへらすには 温室効果ガスで、もっとも温暖化をすすめているのは二酸化炭素です。

CO2が大気中に出て行くのをへらす 社会全体で石油や石炭などをつかう量をへらし、家庭では電気やガス、ガソリンなどのムダづかいをしなようこころがけできるだけCO2を出さないようにします。

環境にやさしい木材 森の木のなかにためこまれた炭素は木材になってもそのなかにあって大気中には出ません。

大気中のCO2をへらす 植物は光合成によって大気中のCO2をすいとって大きくなります。

木材はムダなくくりかえしつかえる

年とった木をきって若い木を植えれば、森はいきいきと若返ります。

若い木は二酸化炭素をすいとる量がおおきい 若い木が多い森は、たくさんの二酸化炭素(CO2)をすいとってくれます。つねに若い木が多い森にしていけばいつも二酸化炭素をたくさんすいとってくれます。

さまざまな森のはたらき 森がいろいろなはたらきをするためにも森はいつも元気でいることが大事です。

森はくりかえし生まれる、ただひとつの資源!

ふやすことができる木 石油や石炭、金属などの資源はつかえばつかうほど、へりつづけますが、「きったら植える」をくりかえすことでなんどでも新しい木が生まれてきます。

木材はムダなくつかえ、地球をよごさない

なんども生まれかわる木材をじょうずにつかおう ムダなく、じょうずにつかったり、ふやすことも考え計画的につかうことが、地球環境を守ることにつながります。

Q&A クイズにチャレンジ!
ページのトップに戻る