日本木造住宅産業協会

(一社)日本木造住宅産業協会(略称/木住協)は、木造軸組工法住宅等の普及と健全な発展に寄与することを目的とした法人です。

お問い合せ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

住まいの情報

【4 住まいの情報】メニューに戻る

住まいづくりの最新トレンド情報

住まいづくりの最新トレンド情報では、セミナーが行われた要旨を閲覧することができます。
興味のあるテーマをご覧ください。

セミナー要旨一覧

「高齢者が住みやすい住宅」をテーマに
遠藤哉(株)ユニバーサルスペース代表取締役を招きトレンド情報セミナー

著者写真

高齢化社会を迎えて高齢者のための「介護リフォーム」が注目されていますが、この分野で先駆的な株式会社ユニバーサルスペースの遠藤哉• 代表取締役を講師に招き、「高齢者が住みやすい住宅」をテーマに、セミナーを開催しました。

内容を見る

「在来工法住宅への国産材の普及状況と課題」をテーマに
佐川・国産材製材協会会長を招きトレンド情報セミナー

著者写真

国産材の普及・促進が叫ばれているなか、資材・流通委員会は、佐川広興 国産材製材協会会長を招き、「在来工法住宅への国産材の普及状況と課題」をテーマにして、「住まいづくりの最新・トレンド情報セミナー」を開催しました。

内容を見る

「急拡大するZEH」をテーマに
小山エコワークス(株)社長を招きトレンド情報セミナー

著者写真

資材・流通委員会(長谷川賢司委員長)は、国が2020年度に普及率50%を目指し、大手住宅メーカーだけでなくビルダーや中小工務店の間でも施工事例が増加しているZEHについて、説明しました。

内容を見る

「宅地建物取引業法の改正」をテーマに
本間・国交省不動産業課課長補佐を招きトレンド情報セミナー

著者写真

資材・流通委員会(長谷川賢司委員長)はこのほど、住まいづくりの最新・トレンド情報セミナーを開催し、国土交通省土地・建設産業局の本間優子不動産業課課長補佐が今年6月に公布された改正宅地建物取引業法を説明しました。

内容を見る

「新材料・新工法CLT及びCLT工法について」をテーマに
日本CLT協会の有賀推進部次長を招きトレンド情報セミナー

著者写真

有賀講師はCLTのビジネスチャンスやCLT先進国オーストリアの現状、日本の森林資源の可能性、わが国のCLTの現状と課題などについて解説しました。

内容を見る

床材の違いで子供や母親の遊び行動に大きな差
資材・流通委員会が最新トレンドセミナー開催

著者写真

埼玉大の浅田茂裕教授が「木質空間の持つ心理的・生理的効果」を講演

内容を見る
ページのトップに戻る